これで解決!みんなの便秘解消法

HOME >>  便秘のイロハ > 便秘を甘く見てはいけません

便秘を甘く見てはいけません

便秘はあまりに良く耳にするため、この症状の恐ろしさを深く考えていない方が多いというのが印象ですが、実は便秘が原因でお亡くなりになった方もいるほど、深刻になると結構怖い症状です。その方は女性で、見た目は普通の中肉中背だったそうです。1年あまり便秘で、死亡後解剖により体内からセメントのようにガチガチに固まった便が大量に出てきたそうです。

便秘には様々な要因があります。水分不足、ストレスによる自律神経失調による胃腸蠕動不全等々様々です。ただ、食事をしてすべてを消化吸収することは不可能ですから、排便を回避することは出来ません。生きるためにはしなければならないのです。そのために、腸がよく働くような行動を日々心がける必要があります。

ストレスなど無意識に、避けることの出来ない物もありますが、まずは水分を適度にしっかりと摂取することが大切です。こまめに1日総量、食物からの摂取をのぞいて2リットルが理想です。そして適度に運動することにより体の中身が活発に活動をします。心臓しかり肝臓しかりです。これにより胃腸の動きも刺激され正常な活動をしようと動き出しますので、適度な運動を心がけることは便秘改善には有効です。それでもこれらがめんどくさいというのであれば、ほんとに出なければ下剤、浣腸を医師の管理の下用いることが有効です。

便秘を甘く見ずに、溜めこまない、いよいよとなったら強引に出すぐらいの気持で便秘には立ち向かいましょう。また、便の色を毎日確認するというのは自らの健康を確認する上で重要です。軟便かどうかで風邪を引いているかどうかや、色、黒色が強ければどこかで出血があったのではないかとか、便をみると体の中で異変が起きていないか感じる事が出来るので、便秘を回避して快便を心がけることはとても重要なのです。