これで解決!みんなの便秘解消法

HOME >>  便秘のイロハ > 便秘は百害あって一利なし

便秘は百害あって一利なし

人間と言うのは食べ物を食べて、それを消化してエネルギーに変換する事で活動しています。ですから人間が生きて行くためには、食べ物を食べなければいけないのです。しかし食べ物の全てがエネルギーに変わるわけではなく、エネルギーに変換されなかった食べ物が残りカスとなって便となってしまうのです。

通常はこの生成された便は体外へスムーズに排泄されることが多いです。ですが様々な理由により、この便が中々体外へ排泄されない事があるのです。これがいわゆる便秘と言う状態です。
便と言うのは残りカスですから、速やかに体外へ排泄されないと色々と問題を生じる事になるのです。便が体内に長く存在してしまうと、腐敗してガスが発生してしまいます。それがおならとなって体外へ排出されます。

一般的におならは悪臭がしますから、自分だけでなく周囲の人まで不快にしてしまいます。またおならの一部は腸から血液へと運ばれ、体内を巡ってしまいます。それが体臭となって、外部に出てしまう事があります。これも悪臭がしますから、自分も周囲の者も不快になってしまいます。
更に便秘だとお腹が重苦しく感じ、それだけでも気分が重くなってしまいます。また便秘は肌荒れの原因ともなってしまい、女性としてはそれも悩みの種となってしまいます。便秘はひどくなると吐き気を催すまでに至ってしまう事がありますので、なるべく早く解消する必要があります。

便秘を解消するには、まず原因を知る事が大切です。便秘の原因としては栄養のバランスの悪い食事、運動不足、水分不足、がんなどの病気が考えられます。原因を自分で見極める事が難しい場合は、医師などに相談してみるのが良いと思います。

便秘は百害あって一利なしですから、早急に解消する事が大事です。