これで解決!みんなの便秘解消法

HOME >>  便秘のイロハ > ツボで解消

ツボで解消

お通じがなくてお腹が張ってるのって辛いですよね。かといって薬に頼ると、急激な腹痛に見舞われた上、効き過ぎてしばらくトイレから出られなくなったり。やっぱり自然に出るのが一番!という訳で、実際にやってみて『これは!』と思った方法をご紹介します。

便秘に効くと言われているツボはいくつもありますが、最も効果があったのは『天枢(てんすう)』です。

【位置】
1.仰向けに横になる
2.両手の人差し指から小指までを揃えて、真っ直ぐ伸ばす
3.人差し指の爪がおへその真横にくるよう両手を置く(手のひらがお腹に触れます)
4.3の時に小指の先にあるのが『天枢』
※指の長さは個人差があるため、若干ずれていることがあります
 4で分かった場所とその周辺を押してみて、「痛気持ちいい」と感じるところを探してください
 私は小指が極端に短く、指の先から1センチ近く先にありました
【押し方】
1・天枢に親指を当てる
2.ゆっくり息を吐きながら指を押し込むつもりで押す
3.ゆっくり息を吸いながら指を戻す
4.2と3を繰り返す(目安は10~20回)

私の場合、夜寝る時にやって、翌朝か午前中に出ることが多いです。効果が出るまでのタイムラグは半日から一日弱といったところでしょうか。ツボの位置が分かると、椅子に座ったままでも押せるようになります。試しに溜まっていない時に押してみたら、痛気持ちいい感じがありませんでした。必要ない時には反応しないんですね。

これだけでもいけると思うのですが、併用するなら『合谷(ごうこく)』がお勧めです。両手の親指と人差し指の間の、いわゆる水かきにあるツボです。便秘の他に、頭痛や歯痛を和らげる効果があるのだとか。息を吐きながら、手の甲側から親指で押したり、親指と人差し指で挟んで圧迫します。私は時々挟む方をやっています。

私の場合、食生活の改善や腹筋運動だけでは効果が出たり出なかったりしました。『天枢』の効果はほぼ100%。お金はかかりませんし、道具も要りません。同じ悩みを抱えるあなた、ちょっと試してみませんか?